あなたならどうやって借りますか?

当たり前のこと

当たり前の事ですが、お金を借りると、利息(金利分)を支払わなければいけません。お金を貸す側にとって、利息分は大切な売り上げの一部です。お金を借りるということは、「借りた以上の金額を返さないといけない」ということを大前提に頭に置いておく必要があります。

 

例外的に、短期で少額のキャッシングなら、無利息キャンペーンを行っている会社もありますが、長期的な借り入れで、まとまった金額のローンなら、間違いなく利息があります。金利は、会社によって違い、0.1%違っただけで最終的な返済金額は大きく変わってきます。同じ金額の借入でも、返済期間が長いと、その分利息は大きくなります。借りる側にとっては、これらのことを十分理解した上で借入れを行いましょう。自分の手元に入ってくるお金は限りがあります。その中で、余裕を持って返済できるかどうか、客観的に判断することが、ローンを組む際の大きなカギとなります。

 

お金の怖さは、自分のお金かどうか判断できなくなってしまう危険性がある、ということ。あくまでも、自分のお金と、借りているお金の区別をきちんとして、上手にローンと付き合っていきたいですね。当たり前の事ですが、再度お伝えしておきます。